We are REDS!
Counter
Banner etc
We are Reds!
Profile
Search this site.
Mobile
qrcode
Others
Sponsored Links
<< ウサギ再び | main | VS コンサドーレ札幌(&vs東京電力マリーゼ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
VS 大宮アルディージャ
さいたまダービーです。

ウチの選手で「ダービー」ってことで気合が入ってるのって、試合前のコメント読んだ限りじゃ、堤だけな気がしますね。
やっぱ、「浦和」で育った選手って、こういうことなんでしょうね。
堀之内も浦和出身ですけど、プロになってから大宮が上がってきたわけで、肌で感じているわけじゃなさそう。
浦和レッズ 0−0 大宮アルディージャ
主審:扇谷健司

縦ポン、つまんね。

こないだの鹿島戦みたいに圧倒的に攻められてるなら、7人で守って3人で攻めるのも已む無しでしょう。
でもさ、今日みたいな相手も縦ポンなのに、サイドも中盤も上がらないって、何なの?
ウチの右サイドは誰がやろうと上がっちゃいけないの?
闘莉王はそろそろ勝手気ままにうろつくのやめてくんない?
萌はそれに振り回されて、ガツガツ動くのはいいけど、ちょっと空回り気味。
永井と達也も、下がりすぎてて、違うなぁ、と。そこにいてくれて助かったけど、でも何でそこにいるの、と。
高原はそろそろ復調しそう。達也の復帰共々、それだけが良かったところでしょうか。あと阿部ちゃん。そんぐらいか。
今日は辛口ですん。

監督コメント
浦和 エンゲルス監督
最終的な0-0という結果にはもちろん満足してない。しかし前半の立ち上がりはいいリズムでできたと思う。相手の陣内でできたし、相馬が左サイドからチャンスを作ったり、高原の惜しいシュートもあった。前半はまだ大丈夫だった。みんなちょっと焦ってしまって、リスキーなパスと、確実なプレーのバランスがよくなかった。でも基本的に相手の陣内でサッカーをやって、あまりチャンスも与えなかったし、まだ大丈夫だったと思う。
でも後半は、初めて疲れが見えた。動く、パスを出す、その切り替えがいつもよりちょっと遅かった。それで我々の攻撃の後、相手はいい攻撃ができるようになった。25分過ぎには危ないシーンもあった。当然ホームゲームだから勝ちたかったので、新しく達也と梅崎を入れて、もうちょっと周りの動きをよくして勝ちにいったが、永井のヘディングとヤマ(山田)のミドルシュートもあったけど、最後の最後は0-0で終わってしまって、「負けないレッズ」は見せられた。でも当然、ホームゲームは勝たなければいけないと思う。

大宮 樋口監督
 自らアクションを起こすサッカーを今シーズンの我々は目指しているわけですが、強豪の浦和を相手にしても臆することなく自分たちのサッカーを表現しようと試合前には考えていました。
 
 浦和の各選手の能力の高さはJリーグでもトップレベルにありますから、個人の力の差が出てしまうような勝負はさけたいという思いがありました。また、これまでの浦和の戦いを分析した結果として、前線の3人でするどいカウンターをしかけてくるだろうと予想していましたから、カウンターにもしっかりと注意を払って試合に臨みました。
 
 実際にゲームを戦ってみて、前線から積極的にプレスをかけて、我々の狙っていたところでボールを奪うのだという強い意志が選手たちからは感じられました。また、相手から奪ったボールをしっかりとキープしてマイボールの時間を増やし、ゲームを支配することが出来ましたから、試合前に掲げていた目標はかなり達成できたと思います。
 
 今日はグラウンドが思った以上に重く、ボールがうまく転がりませんでした。それもあって、プレースピードを上げることが出来なかったなと感じています。ただ、相手の3バックの前でフリーになってボールを受けられるようなシーンも多く見られましたし、前線へ飛び出していく回数も多かったと思います。フィニッシュに至る前のドリブルやスルーパスの精度がやや低かったために、シュートで終わるシーンがそれほど多くなかったかもしれません。ただ、相手陣内の高い位置で守備を崩そうとするプレーはかなり多かったので、今後はその部分での精度を高めていくことが大切だと思います。
 
 この試合は「ダービー」だったので、アウェイゲームとはいえ、勝点3をとりたかった、というのが本音です。次は点をとれるようなゲームをしたいと思っています。


ところで今、五輪の組分け速報が入ってきました。

男子
【グループB】(天津)
B1オランダ
B2ナイジェリア
B3日本
B4アメリカ合衆国

女子
【グループG】
G-1ノルウェー
G-2アメリカ合衆国
G-3日本
G-4ニュージーランド

男子は死の組じゃないか?
| 浦和レッズ'08 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(1) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - | このページのトップへ
コメントする











ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック
[浦和レッズ] J1第7節 ホーム 大宮戦
J1第7節 ホーム 大宮戦 Scoreless Draw ダービーマッチとなった一戦は、両者得点無く0-0の引き分け。 もっともっと、何かできただろう。 そう思わせるレッズの試合内容だった。 今年の俺たちは挑戦者。 次のアウェイ京都戦はスカッとした勝利を手にした
| flexiblog | 2008/04/21 12:57 AM |