We are REDS!
Counter
Banner etc
We are Reds!
Profile
Search this site.
Mobile
qrcode
Others
Sponsored Links
<< FS 天王山だ!第22節 | main | 審判について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
VS 鹿島アントラーズ
We are REDS!!


鹿島アントラーズ 2−2 浦和レッズ
主審:柏原 丈二
得点者
17分 小笠原 満男(鹿島)
27分 アレックス ミネイロ(鹿島)
77分 田中 達也(浦和)
85分 ロブソン・ポンテ(浦和)


カシハラさんカシハラさん、
ア ド バ ン テ ー ジって知ってますかあ?

まあ、それを差し引いても闘莉王の退場はおバカだと思いますけど。ファウルもらった側なのに、1枚だけならまだしもなんで2枚も一気にもらってんのさ。
長谷部ももう一枚もらっちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしておりました。
確かに熱い試合ではあったが、イエローが12枚も出るほど荒れた試合ではなかったですよね。

んで。
なんでロスタイムにうっちー入れてるんでしょう? もう押せ押せだったんだから、引き分け狙いはちょっと・・・ ぶっちゃけ萎えました。
達也の腰の状態が悪いようには見えませんでしたし。


苦言はここまで。
ホントにすごい頑張ってくれました。
よく追いつきましたよ、ひとり少ないのに。中2日なのに。
すごい燃えました。家なのに(笑) 汗かいてるし、喉痛いです。

しかし冷静に考えれば、向こうさんにとっちゃ「負けに等しい引き分け」かもしれませんけど、うちにとっても「勝ちに等しい引き分け」であるとは言えませんね。
ガンバだけが笑う結果となってしまいました。

監督コメント
鹿島 トニーニョ・セレーゾ監督
結果的には良くない結果である。
前半に関してはうちのサッカーが出来、素晴らしかったと思う。後半立ち上がり、いくつかのゾーンで選手に元気がなく、運動量が落ちて相手のリズムになっていった。
我々のパスサッカーが全くできず、個人技に頼るサッカーになり、自分たちでリズムを失って苦しくなっていった。
相手が数的不利な状況であるのにも関わらず、自由にスペースを与えすぎてしまったことは残念。悪循環が続き、三都主の投入によって試合の流れが変わってしまった。
前半が鹿島、後半が浦和という対照的な試合であり、うちにとっては素晴らしい前半で、信じられない後半となってしまった。

浦和 ブッフバルト監督
今日の試合は、両チームにとって非常に大切な試合だった。
我々は、最初から攻勢を仕掛けていったのだが、PKで失点してしまった。ベンチから見ていて、あのプレーは、PKを取られても仕方のないプレーだったと思う。
ああいう形で失点してしまったがそこで下を向くのではなく、さらに攻勢を掛けていき、いい形でチャンスを作れていたと思う。残念ながらフィニッシュがしっかりと決まらずに、得点する事ができなかった。そして攻勢をかけている中、カウンターでもう1点失点してしまった。
そういう形で、0−2という信じられない結果で前半を終えた。私が見ていた中では、アントラーズは、3、4本のシュートで2点をものにして、我々の方がそれを上回るシュートを打っていたのだが、得点に結びつける事ができなかった。
後半は、もっとテンポを上げて相手を圧倒していこうという事で選手たちを送り出し、選手たちもその通りプレーしてくれた。アントラーズにもいい形のFKがあったが、都築が素晴らしいプレーで止めてくれた。
後半に関しては、一方的というのは言い過ぎかもしれないが、我々の方がゲーム全体を支配していたと思う。それも退場者が1名出て、相手より人数が少なかったにも関わらず、我々の方がゲームのイニシチアブを取る事が出来た。
というのもアントラーズの選手の足が止まってしまっていたからだと思う。
最終的には、我々が2点を返して2−2という結果になったが、今日はどうも我々の方に運が向いてなかったなあと思う。ひょっとしたら平川が止められたプレーもPKだったかもしれないし、残念ながら今日は、我々に逆風が吹いていた。
今日の試合は、2−2の引き分けだったが、我々が勝っても良かったんじゃないかと思っている。
今日の試合を見に来て頂いたお客さん、テレビで見ていた方々は、素晴らしいサッカーを見ることができたのではないかと思う。我々の方は、水曜日にナビスコカップの準決勝のゲームがあって、そして今日は最初にPKを取られ、さらにレッドカードで1人退場になり、さらに0−2で負けている状態だったにもかかわらず、あそこまでのプレーをしてくれた。今日、選手たちは、絶対にあきらめないという強い意志を持ってプレーしてくれていた。本当に選手たちファイトあふれるプレーに、心から敬意を表したいと思うし、こういう選手たちがいてくれて、私は誇りに思っている。
勝ち点を取れたのは良かったが、それが3ではなく、1だったという事、これは、本当に残念に思う。


現地組の皆様、ホントお疲れ様でした。
完全に声量では圧倒しておりましたよ。
同点に追いつくまで選手を走らせたのは、現地組の皆さんの声だと思います。気をつけてお帰りください。
We are REDS!
| 浦和レッズ'05 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(1) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | - | このページのトップへ
コメントする











ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック
第22節 vs鹿島
 普段サッカーに対して、というか浦和の試合に関しての記事は書かないんだけど、今日だけは言いたい事を言わせてください。
| 音の鳴る木 | 2005/09/04 12:19 PM |